スポンサーリンク

ひとりごと 図書館 本 漫画

わたしと本③

投稿日:2018年9月3日 更新日:

画像はGIRLY DROP様よりお借りしました。

本って「すごく感銘を受けた!」「タメになった!」と思ってもパタンと閉じてしまったら
もうどんな内容だったか忘れてしまわないですか?

そんな事ないよーって抜群の記憶力の方には(羨ましい…!)今から書くこの記事はまったく意味無いんですが。

…すでに九九すら怪しい私。記憶力、全っ然無いです。

若年性認知症も心配されるぐらい覚えられません。
先日も麦茶ポットを持ったまま、冷蔵庫でなく風呂場の扉を開けてました。
なんで? マジで心配。

そんな感じなのでどんなに良書と呼ばれる素晴らしい本でも1回読んだぐらいじゃ光の速さで忘れてしまいます。

本ってやっぱり自分の力にならないと意味ないじゃないですか?(誰に言ってるんだ)
せっかく自分の時間を割いて読んでるんだから、多少なりと役に立ってもらわないと・・・モッタイナイヨネo(´^`)o!

以下はそんな私が考えた、本を「自分の糧とする方法」です。

とは言ってもそんな大層な話ではなくて!何年か前に出版された本の大幅マネっ子です。

以前、本屋さんの店頭にも並んでましたよね。
東大法学部卒業の弁護士、山口真由さんの「7回読み勉強法」です。

その本によると、基本は教科書(本)を7回読む。

お勉強のための「読み」なら1回目~3回目は流し読み、4回目~5回目は確認作業読み(あそこにはこんな事が書いてあったな、というような気持ちでページをめくる)、6回目~7回目でもっと細かい部分の最終確認をするそうです。

私は試験の為の読書法ではなくて、ただ単に記憶に残したいためだけの読書法なので、実際の本との向き合い方はもっと適当です。

そういったことを踏まえて以下に自分がやっている本との向き合い方を書いてみました。

私の個人的な本の読み方

1.まず本を買います。読むだけなら図書館で借りても全然OKなんですが、自分の血肉(?!)にしたい場合は買います。

2.買った本にはカバーとしおりを付けます。
カバーをつける意味は汚れ、濡れ防止対策です。トイレや洗面所、お風呂場などどこでも読めるようにしたいので。
ただ、自分の本だし汚れても気にしないよ!といわれる方はもちろん不要です!私もカバー無し派です。

3.3~4回目ぐらい読むと内容が頭に入ってきてるせいかどんどん読み飽きてきます(笑)

4.5回目ぐらいから気になる言葉やお話が書かれているページの上端を折って目印をつけます。(ドッグイヤーですね)
気になるところが複数あるなら何か所折っても大丈夫です。

次にペンを持って折ったページの気になる箇所に線を引きます。

中でも気になる言葉や意味の判らない言葉なんかは丸で字を囲み強調します。(意味の解らない言葉は矢印を付けて本文枠外に引っ張り訳を書き込みます)

ドッグイヤ― 上から撮ってみました。

ドッグイヤ―のページを開くとペンでマーキングが。

5.4.で印を付けたページをもう一度読みます(記憶の定着を考えて寝る前がいいようです

6.その本を読むのを一旦止めて(その時、違う本を読み始めても大丈夫です)、4,5日経ってからもう一度印をつけたページを読みます。

こんな感じでその本の情報を少しでも記憶に定着させるようにしています。

4.で気になるところなら何箇所でもドッグイヤー付けていいです。と言っていますが、気になるところが一箇所しかないならもちろん一冊の中で1ページ折るだけでいいです。
ライン引くのも一行しか無ければその部分だけでいいです。

ページが少なければ記憶する部分も少なく済みますし、5.を端折って4.→6.でもいいと思います。

2.でカバーをオススメするのは歯磨きしながら片手で持って続きを読んだり、トイレに持って行ったりと色んな場所で読みたいから、です。

本をじっくり読む時間って仕事や家事でなかなか取れなかったりするので、上記の細切れの時間を有効に使います。
案外読み進めていけるので自分には合っているようです。
あ、でも続きが気になり過ぎるので推理小説や長編には向かないかも・・・!><

出会った本の、たとえ単語一つでも自分の知識が増えたことに変わりは無いんですから、
気負わず本と向き合っていきたいですね。

ポイント 図書館で借りて、めっちゃいい事書いてる!と思った本は返却した後すぐ買いに行かれた方がいいと思います。
返してちょっと時間が経つと買いに行くのが面倒になっちゃうので。→そして忘れる(私の事です 笑)

最近は読んだ本はメルカリなどフリマに出してしまう方も多いですが、「最終売るならキレイに読まないといけない」と思うとなかなか本に対して気遣いが出てしまい、内容が頭に入りにくく思います。

なので買うのはブックオフでもメルカリでもなんでもいいんですが
読んで頭に入ったらもう捨てるって気持ちの方が遠慮なく書き込めるし、記憶にも効果が高い気がします。

私にはこの方法が案外有効だったので(確かに覚えられるようなりました)、メモがてらこのブログに記しておきます。
本の内容を記憶に残したい!って方の参考になれば嬉しいです。

本との出会いはインターネットに数限りなく落ちている書評からでもいいですし、
ふらっと立ち寄った図書館からでもいいと思います!

ただ、本の内容を自分の頭にインプットしたい・・・!と思われるなら、借りるより手に入れた方が本当の意味でお得だと思います。

以上、個人的な本の読み方でしたぁー。

みなさーん、良いブックライフを(。´∀`)ノ゙!

これは紙媒体の本の話であって、デジタル形式の本のことではありません。
デジタルでも何回か購入してるんですが、こっちの場合はなかなか内容が頭に入ってこず・・・。
デジタルでも記憶に残せる方法、絶賛模索中です~!(笑)

あ、でも雑誌はデジタルの方が読みやすかったりするんですけどね!拡大もできるし。←老眼ぇ・・・(´ρ`)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ひとりごと, 図書館, 本 漫画
-,

Copyright© 京の端から 町詣で , 2020 All Rights Reserved.