スポンサーリンク

京都南部の神社

京都府木津川市【幣羅坂神社 へらさかじんじゃ】「天津少女命 あまつおとめのみこと」がお祀りされている神社は日本全国でここだけ。

投稿日:

外から見るのと中から見るのでは大違い。
最近、立て続けにそんな神社ばかり行っています。 

奈良街道沿い木津川市にあるこちらの神社

へらさか神社

幣羅坂神社(へらさかじんじゃ)もその一つです。

神社の中には同じ名前の神社が全国に複数あったり、
ご祭神の名前も被りまくってたりするのですが(摂社末社の神様も含めると途方もない数になりますよね)、その点ではこちらの幣羅坂神社はオンリーワン的な存在とも言えます。
と言うのも。

ご祭神の【天津少女命 あまつおとめのみこと】様をお祀りされている神社は数多の神社が存在する中でこの幣羅坂神社だけなのだそうです、ハイ。

天津少女命 伝奇

<画像は漫画でよむ古事記よりお借りしました>


将軍大毘古命(おおびこのみこと)が遠征中、山城(山背)の平坂で「御真木入日子=崇神天皇が命を狙われている」という唄を歌う少女を見つけました。

少女の歌に胸騒ぎを覚えた大毘古命は急いで天皇の元に戻り、謀反を収め、事なきを得た・・・というお話です。

幣羅坂神社には、この天皇を救ったとされる少女(天津少女命)と大毘古命がお祀りされているそうです。

幣羅坂神社(へらさかじんじゃ)

そんな全国にたった一つの神様がいらっしゃる神社が京都南部の片田舎に在るって事だけでもワクワクしますが、外から見ると木ばかりが生い茂って暗い感じ・・・。

続く階段も石段づくりで寒い時期はちょっと滑りやすそうです。

ですが。
階段をのぼりきると視界がバーン!と開けます。
想像していたよりずっと広くてとてもきれいに整備されています。

幣羅坂神社

拝殿も立派・・・!

狛犬ブラザーズも初めて見るスリムなスタイル。

素敵なお顔をされていました。(こちらの神社は狛犬だけでも三種あります。見比べるのも楽しいです)


可愛すぎない・・・?

そして境内の告知には建物の老朽化が進んでいるようで氏子様に向けてこういった貼り紙がありました。


見にくくてすみません💦修繕に多額の費用がかかるという内容です💦

握りしめていた小銭を戻し、お財布から千円札を抜き取り震える手で(笑)賽銭箱へ投入。(これぐらいじゃなんら修繕の足しにならないでしょうけど・・・私の精一杯😅)

整備された境内には大きな石碑もありました。

御造営記と書かれた石碑によると「幣羅坂神社」「大神神社」「事代主神社」「熊野神社」「宇賀魂神社」「八幡神社」の六社の神様を昭和五十五年に合祀すると記されていました。

なるほど、なるほど。
そんなに神様を集めるなら、そら拝殿もみすぼらしくはできんわなぁ~・・・と一人頷くわたし。
ただ、よく耳にする「合祀」って個人的にイメージするのが難しい・・・ぷよぷよ的な(古い)感じなのかしら??

6人(柱)の神様がくっついて一つ(1柱)の大きな神様になるのかな・・・それとも「ちょっとお邪魔するよ」なテイで6人(6柱)が一社にぎゅうぎゅうしてるのかな・・・?わたしは後者のイメージなんだけど靖国神社で英霊を合祀って聞くと数が多すぎて前者のような気もするし・・・🙁 ハテ、そのへんどーなのかな?

疑問は引き続き疑問のまま(笑)記事の内容を幣羅坂神社に戻しまして。


拝殿向かって左奥に進むと山道が伸びています。

続く道には以下の三社がお祀りされていました。
昭和53年-55年に改修されたそうです。

八坂神社

お社を守るように足元には沢山の狛牛(?)たちがいました。

北野神社

多度神社

お社の上の千木(ツノみたいな奴)が傾いていたのが気になりました。風が強い日にズレちゃったのかなぁ~、勝手に触れないし何もできなくて申し訳ない。

多度神社からもっと奥に進むと開けた場所があり、その奥は児童公園(市坂公園)になっていました。遊具もあるのでお子さん連れで参拝に来られても😊

市坂公園

あと、こちらの幣羅坂神社は参道が二本あり、わたしは向かって左の参道からあがっていったのですが、もう一本の参道は階段の真ん中に手すりが付いているので足元の悪い日なんかはこちらを利用された方が安全ですね。


参道の右側には安養寺さんの「念仏石堂」があり、大きな念仏石が見れますよ!

◎神社名 幣羅坂神社(へらさかじんじゃ) 
◎住所 京都府木津川市市坂幣羅坂
◎TEL 基本的に無人です 御朱印無
◎ご祭神 天津少女命 大毘古命(おおびこのみこと)
◎摂社・末社 記事内に記載 
◎境内 参拝自由 
◎駐車場 無し
◎最寄の駅  JR木津駅より徒歩約30分 きのつバス<木-1線>市坂南口下車徒歩約1分。

幣羅坂神社年間祭祀カレンダー

<コロナの影響で日程変更・一般公開されない場合もあります>
●1月1日 歳旦祭
●1月4日以降の初日曜日 正月座
●3月5日 御田祭
●7月1日 夏祭り
●10月20日 宵宮祭
●10月祭以降の初日曜日 祭座
●10月28日 座入式
●12月5日 新嘗祭
●12月29日 大祓式
●12月31日 越年祭 

★この記事は当時の情報です。予定を立てられる場合はご確認の上お願い致します。情報に誤りや変更点などありましたらこちらから教えていただけると嬉しいです!★


MAINに戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-京都南部の神社
-, , , ,

Copyright© 京の端から 町詣で , 2021 All Rights Reserved.