スポンサーリンク

行った場所 色々

日本全国八百万の神様が一年に一度集結する【神在祭】。【出雲大社】にご挨拶へ行ってきました!

投稿日:2019年11月16日 更新日:

 

人生初の出雲大社【神在祭】に行ってきました・・・!

出雲大社

お顔にはモザイク処理をしています。

 

旧暦10月を神無月(かんなづき)と呼ぶことは誰もが耳にされているかと思います。(芸人さんにもこんな名前の方いらっしゃるよね?)
そうです、神様が自分の神社を出ていってお留守にされる月ということで神無月と呼ぶのだそうで(諸説有り)。

反対に全国の神様方が集う出雲(島根県)では神在月(かみありづき)と呼ぶことになります😊

 

そんな八百万の神様方でごった返してるような神社に行ってまいりました。
そうです、ごんブト(太)の大しめ縄でビジュアル的にも有名な出雲大社

私はずーっと「いずもたいしゃ」と呼んでいたのですが、実際は「いづもおおやしろ」と呼ぶらしく😲、これも新たな発見でした。でも引き続き「いずもたいしゃ」って呼ぶけどね!笑

 

ちなみに今回伺った

出雲大社の神在祭(かみありさい)とは

日本全国の八百万(やおよろず:数えきれないほど多いことの例え)の神々が出雲大社に集まり会議をされるそうです。

旧暦10月のこの期間を出雲大社ではそのまんま【神在祭】と呼び神事を執り行い、特別大事にされています。

神在祭では出雲大社の御祭神【大国主大神:おおくにぬしのおおかみ】が主宰(議長)となり、眼には見えない様々なご縁を執りまとめられます。

 

2019年(令和元年)の神在祭は11月7日~11月13日です。

八百万の神々は前日から業界用語で言うところの”前ノリ”をされますので(笑)、実際は11月6日の夕方以降に出雲に到着されます。

(その時、出雲大社では夜19時に神迎神事(かみむかえしんじ)を執り行い、神迎祭にて神様方をお迎えされます)
この稲佐の浜で行われる神迎神事がホンットーーに素敵♡で、一度は体験してみたい~!!って足をバタバタさせてます。

 

あ!今年、神在祭に行けなかった方、来年こそは行くぜ~と燃えられている方。

2020年(令和二年)の出雲大社【神在祭】
11月25日~12月1日です。(神迎神事は11月24日の夜ですよ~)

寒いので気を付けていってらっしゃいませ!

 

さて、今回は初・出雲という事で地理的にもちょっと不安だった為、いつもの愛車はお留守番させてバスツアーで出雲入りを決めました✨✨

翌日が仕事だったので一日だけの日帰りバスツアーを探して、即ネット予約。

はー、便利な世の中になったねぇ。
とはいえ、一ヶ月以上も前なのに後から聞いたら結構ギリギリセーフだったみたいで。(この出雲大社ツアーはかなり人気のようでした)

 

私が今回お願いしたバスツアーはクラブツーリズムさんです😊



 

バスツアーなんて学生時代の安いバス旅行以来だったので、あまり何の期待も無く(笑)利用しましたが、もー、添乗員さん&運転手さんが素晴らしかった・・・!
なんなら今回のツアー参加者さん全員が腰の低い善い人だった。(神様に会いに行くからみんな神様に近い人になってるの?!😲)

一緒に行った旦那さんも「バスツアー、ハマる・・・(´ρ`)!」とお気に入りの様子だったので、機会があればまた利用するかもしれません。

 

私も自分の席で食べたり飲んだり寝たり食べたり飲んだり寝たり食べたり・・・と正月並みのぐーたらさを満喫していました。運転をプロにお願いするとこっちはフツーにビールも飲めちゃうのがいいですよね(本音出た)!

 

私の場合、早朝に家を出てツアーのバスにJR奈良駅でピックアップしてもらいました。
帰りは22時45分駅着。家に着いたら23時半~?ぐらいでした。

さすがにお尻と腰は痛だるくなりましたが、バス移動中、散々寝ていたせいか眠気はゼロ。

翌朝、元気に出勤できました~💨(笑)

 

そして、ツアーのバスは二~三度ほどサービスエリアで休憩を取った後、

高速に乗って一路出雲へ!きゃーっ!

 

出雲大社 拝殿

 

霊感が・・とか波動が・・とか、そういう類の一切をもって無い鈍感な私には八百万の神々の気よりも八百万の人・人・人の圧が・・・😱!

 

「・・・みんな神様に会いたいんやなぁ・・・。」

ボヘーーッと思って空を見上げてたら団体さんに何度も巻き込まれそうになりました。

駐車場ももちろん満車。
ツアーのバスもお迎えの定時までは違う(出雲大社から離れた)場所で待機するよう指示されてるみたいです。
この日は同じクラブツーリズムさんのバスも、何十台と駐車場に入って来られては人を降ろして出て行かれてました。もー、見てるだけで大~変。

添乗員さん曰く「ウチのバス多いでしょ、儲かってるんですよー?」
そう言ってニッコリされたところに、他のお客さんが「でも給料は安いよなぁ。」と被せてきたので全員で一緒にアハハハハ😆と笑いました。
ツッコミ待ちの楽しい添乗員さん、お給料も上がったらいいですね・・!

 

サービスの蟹汁を一杯いただいた後は、有名なしめ縄の下でハイチーズ!して、このバスツアーの企画の一つ「神楽殿にて団体祈祷体験に参加しました!

神楽殿

神楽殿

ここもすごい人で神楽殿の中は半端ない人口密度でした。

神楽殿しめ縄の裏側。笑えるぐらいデッカい。

 

御祈祷後は巫女さんからお餅をいただきました。わーい♡

その後はツアーで御祈祷参加した人に配られるタスキを首にかけて、八足門をくぐり本殿へ。(一般参拝の方は拝殿までだそうです)

 

本殿は写真NGとされていたので後から垣根の裏手に回った時にパチリ。

本殿後ろ側から見たところ


ただ、もうー、ここが一番大変やったぁぁぁぁ。

人が・・・人が多すぎて・・・!
神職さんも注意喚起の声がちょっと大きくなるぐらい、人、人でごった返してました💦

 

本殿前にて、とりあえずお賽銭を入れたら場所を譲って端の方へ移動。端っこから神様にご挨拶だけして本殿を離れました。

いやー、あれだけ人が多かったら「うーん、もうええか。」って気になりますね😓
面倒臭がりスキル⚡発動。

 

短い時間ではありましたがその後、自由時間も1時間30分ほどとっていただけました。

さて、いつもの私等では1時間30分なんて一瞬に過ぎないので(笑)、ここは的を絞ってどうしても見ておきたい&行っておきたい場所に行くことに。

まず、出雲大社の御祭神「大国主命」は本殿にいらっしゃいますが(さっき参拝したトコ)、その向きは八百万の神様をお迎えする方向、西側を向かれていると聞いたので本殿の外をぐるっと走り西側拝殿へ。

出雲大社 西側拝殿

御祭神大国主命はこちら側を向かれています

西側を向かれているのは周知の事実らしくちゃーんと拝殿が用意されていました。

・・っていうかここもすでに人だらけ!!いやーん💦

もうお賽銭は諦めて少し遠くの場所から
二礼、四拍、一礼でご挨拶。

住所、氏名、現在はコレコレこーゆー事を頑張ってます。という報告。お願い事はしない。

上記は添乗員さんからバスに乗ってる間聞いた、出雲大社お参りの心得的な内容。全員で聞いていたのでここは完璧✨(だと思う)

そして、やはり有名な銅の鳥居と松の参道、勢溜は押さえておきたい!

 

おっと、その前に御朱印帳・・!と振り返ってから・・・

神楽殿前

何ヶ所かある御朱印受付場所の一つ。列は続くよ、どこまでも。

長蛇の列を見て今回は諦めました・・・( ;∀;) ゴエンガナカッタンカナ…

 

ツアーで来るとどうしても時間の制約があるので、楽チンに来れる反面、上記の様に行動に制限が出てきます。一度に沢山見て回りたい、出雲大社周辺の神社にも行ってみたい!と思われる方は個人で行かれる方がいいかな?って思いました😊

ツアー参加はやることが決まっている方やとりあえず神様に会いたい!の人にオススメです。 私の様にぐーたら寝てる間に島根に着きたい!なんて方にも(笑)

 

 

気を取り直してここから小走り気味に鳥居まで移動します。

遠目で【ムスビの御神像】もパチリ!

もうアングルとか関係ねーな・・・なんじゃこりゃ(笑)向かって右端が大国主命です💦

 

そのまま大きな松が並ぶ参道を抜けて。

松の参道

 

ようやく到着。勢溜(せいだまり)の鳥居。
逆からのご案内となりましたが、実際の参拝順としてはここからが神域です。

勢溜の鳥居

勢溜(せいだまり)の鳥居。二の鳥居と呼ばれる方もいらっしゃいます。

「出雲大社」と大きく書かれているので、この鳥居が神楽殿・本殿に続くフォトスポット。外国の方も持参の自撮り棒を駆使して撮られてました。

 

この勢溜の鳥居から見て遥か遠く(笑)。

一の鳥居

望遠で撮ったので画質かなり落ちてますが(その上なんか傾いてるし💧)一の鳥居と呼ぶ方もいらっしゃる宇迦橋の大鳥居。

 

さすがにあそこまでは行けず、この勢溜でUターンしました。

帰りはバスの集合時間まで5分を残して到着。うんうん、なかなか優秀じゃない?
頑張った分、足はヨッタヨタでしたけど💧

 

 

◎神社名 出雲大社(いづもおおやしろ)
◎住所 島根県出雲市大社町杵築東195
◎TEL 0853-53-3100(代表)
◎ご祭神 大国主大神
◎境内 6:00~20:00(受付は~16:30まで)
◎駐車場 無料 大駐車場385台 駐車場360台 駐車場20台
◎最寄の駅 JR出雲市駅よりバスで25分
アクセス

 

★この記事は当時の情報です。予定を立てられる場合はご確認の上お願い致します😊
情報に誤りや変更点などありましたらこちらから教えていただけると嬉しいです!★

 

 

 

 


 

 

出雲大社を出た後はすっかり夕暮れの雰囲気。バスはのんびり島根ワイナリーに入ります。

島根ワイナリー

辺りはすっかり夕暮れ・・・

運転は最後までプロにおまかなので、皆さんワインの試飲をガンガンされてました。(ツアーの醍醐味😆?)

 

今回の心残りは日帰り弾丸バスツアーだったので、出雲の美味しいものをあまり口にできなかった事。

神在餅(じんざいもち)とか、食べてみたかったぁ~💦 ぜんざい(=じんざい)の発祥の地だそうです・・・クスン😢

自分に買ったお土産のどじょう掬いまんじゅう。餡子が美味!

 

とはいえ、トイレ休憩でサービスエリアに寄ってもらう度に色々食べてましたが。

鹿肉コロッケも天ぷらも買いました。美味しかった!鹿肉コロッケは次も絶対買う!

 

こちらのお弁当はツアーオプションです。二種類から予約できました。

お弁当

お弁当を買う時間が心配だったので、ツアー予約と同時に予約しておきました。一つ¥1100(税込)です。

 

夜のお弁当はバスに乗ってる間、添乗員さんが必要の有無を聞きに来られてました。ここでも勿論予約。もー、どんだけ食べんねん(笑)。

 

出雲大社「神在祭」がメインなのか、移動中の買い食いがメインなのか・・ビミョーな旅となりましたが。

とっても楽しかったです😊!



 

バスツアーに開眼した出雲の旅でした~♡

 

 

 

大国主大神は「縁結び」の神様。こちらは「縁切り」の神様です・・

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-行った場所 色々
-, ,

Copyright© 京の端から 町詣で , 2020 All Rights Reserved.